在籍確認なし・勤務先に電話確認なしで審査するカードローンはある?

2019年02月16日 審査

zaisekikakunin-nashi

カードローンの在籍確認は基本的に電話でおこなわれますが、「どうしても職場に電話があると困る」あるいは「会社のきまりで絶対に私用電話を取り次いでもらえない」といった方がいるため、事情を相談することで電話での在籍確認なしに別の方法で行ってくれるカードローンは存在します。

ただし注意してほしいのは、在籍確認は返済能力があるかどうかを判断するために審査の中でも重要なので、在籍確認なしで審査をおこなうカードローンというものは存在しません。あるとすれば違法な闇金業者のみであるということです。

ここでは、電話以外でおこなう在籍確認の方法と、事情を相談する際のポイント、対応してくれるカードローン会社をご紹介していきます。

この記事を読めばわかること
  • 電話の在籍確認はなしにしてそれ以外で在籍確認する方法
  • 電話以外での在籍確認に代えてもらうポイント
  • 電話以外での在籍確認に対応してくれるカードローン会社

電話での在籍確認はなしに書類でおこなってくれる場合

電話での在籍確認が会社の都合で不可能な場合

会社のルールとして、私用電話は一切繋がないという会社も存在していて、こうしたルールを設けている会社に勤めている場合は、やむを得ない事情として、銀行カードローン・消費者金融に関わらず電話での在籍確認なしで書類で対応してくれます。

会社にバレるのが怖いので電話での在籍確認なしを希望する場合

「勤務先に電話がかかってくると会社に借金がバレるのが怖いので、電話の在籍確認なしにしてほしい」というような自己都合の場合、消費者金融と銀行カードローンでは対応が異なります。

消費者金融は申し込みしたあとに電話で相談すると、ほとんどの場合は電話ではなく書類提出での在籍確認を行ってくれます。

銀行カードローンは基本的にマニュアル外の審査は行わないため、会社にバレたくないなどの自己都合では、電話ではなく書類での在籍確認を行うということはほとんどありません。

土日祝日など休日で在籍確認ができない場合

大手消費者金融や銀行カードローンでは、土日祝日でも審査を行っているところも多いですが、休日で会社に人がいない場合には電話をかけても在籍確認ができないため、当日中に審査回答を得ることができません。

そのため、土日祝日に会社がお休みの人は即日融資に間に合わないことになりますが、消費者金融と銀行カードローンではココでも対応が違います。

消費者金融は土日祝日でも在籍確認してくれる

スピード審査・即日融資を売りにしている消費者金融ですので、休日で電話での在籍確認ができない場合でも、書類での在籍確認に代えてくれることがほとんどです。

銀行カードローンは翌営業日になる

銀行カードローンの場合、審査の段階で勤務先が休日だから在籍確認ができないという程度では、やむを得ない理由として認めてくれないのが一般的です。

銀行カードローンの場合には、翌週の頭などに電話での在籍確認を行うことが一般的で、とにかく、銀行の場合1度は必ず電話での在籍確認を行います。

手元に書類がない場合はどうなるの?

土日祝日で即日融資を希望している場合、消費者金融であれば勤務先に電話無しに書類で在籍確認してくれる場合がほとんどなのですが、急な出費で手元に源泉徴収票・給与明細、健康保険証などの書類が用意できない場合も考えられます。

そういった場合であっても消費者金融の場合、仮審査に通りさえすれば5万円程度の少額融資のみ行い、休日明けに在籍確認がとれてから本来の限度額に戻してくれるパターンなどもあります。

電話以外での在籍確認にしてもらうポイント
  • 消費者金融は在籍確認の方法も柔軟に対応してくれる
  • 銀行カードローンはやむを得ない場合以外は対応してくれない
  • 消費者金融は土日祝日でも即日審査が可能

在籍確認に必要な書類

会社員(正社員)の場合

書類での在籍確認が認められた場合、必要な書類は雇用形態によって変わります。

会社員(正社員)の場合は会社名の入った給与明細書・源泉徴収票・健康保険証などで在籍確認を行うことができます。

  • 会社名の入った給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 健康保険証

会社経営者の場合

会社経営者も会社から給料をもらっている場合には給与明細や源泉徴収票があるはずですので、会社員と同じように、給与明細所・源泉徴収票から在籍確認が可能です。

  • 会社名の入った給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 健康保険証

パート・アルバイトの場合

パートやアルバイトの人も会社からもらう給与明細や源泉徴収票での在籍確認が可能です。

※1配偶者や親の扶養となっている人は、健康保険証に記載されている会社名は扶養者の勤務先ですので確認はできません。

  • 会社名の入った給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 健康保険証※1

自営業者の場合

自営業者が在籍確認できる方法は、税務署の受付印が押印された確定申告書のみです。

自分で自分の給与明細を作っても信憑性はありませんし、自営業者は国民健康保険ですので、書類での在籍確認として認めてもらえません。

  • 税務署の受付印が押印された確定申告書のみ

確認書類の提出方法

電話での在籍確認なしに書類で行う方法としては、写メで書類を撮影して公式ホームページ上にある書類提出フォームから提出、郵送、窓口や自動契約機、インターネットのアプリ、FAXなどの方法があります。

在籍確認とは別に、カードローンに申し込むと必ず本人確認書類を提出しなければならないため、これらのいずれかの方法で本人確認書類とともに提出すれば問題ないでしょう。

書類での在籍確認で注意しておくポイント

年収が分かる

給与明細、源泉徴収票、確定申告書には給料や年収が記載されているため、これらの書類を提出すると審査担当者にも年収が分かってしまいます。

仮に申込時に正しい年収を記入していなかった場合、虚偽と判断され審査落ちの原因になることがあるため、申込時には正しい年収を記載するように特に注意してください。

勤続年数が分かる

健康保険証には「加入年月日」という記載があります。 加入年月日というのは一般的には入社年月日を示しますので、ここから勤続年数を逆算できるのです。

住宅ローン審査などにおいてはこの方法で勤続年数を確認します。 こちらも申込時に勤続年数を正しく書かないと虚偽であると判断されるおそれがありますので注意してください。

雇用形態が分かる

健康保険証には世帯主、もしくは扶養者の名前の記載があります。正社員で被扶養者の資格がない年収で申込を行ったのに、健康保険証に扶養者名が入っていた場合には雇用形態や年収が虚偽であると判断されるおそれがあります。

住宅ローンの有無が分かる

住宅ローン減税を受けている人は源泉徴収票にその旨が記載されます。 カードローンの申込時には住宅ローン借入なしとなっているのに、源泉徴収票には住宅ローン減税の記載があったら、こちらも申込内容が虚偽であると判断されるおそれがあります

申込時にはウソを記入しないこと

在籍確認を電話ではなく書類でおこなった場合にウソがばれるので注意するというよりは、そもそもカードローン申込時にウソをついてはいけません。すぐにバレますし、バレたことでのデメリットの方が大きいからです。

SMBCモビットのweb完結ならそもそも電話連絡なし

協会けんぽ保険証と組合保険証のみ申込可能

モビットのWEB完結では在籍確認を健康保険証によって行います。勤務先の記載がある協会けんぽ保険証か組合保険証から在籍確認を行うため、協会けんぽ保険証か組合保険証を保有していない人は残念ながら申込を行うことができません。

また、モビットのWEB完結は返済方法を本人確認済の三井住友銀行か三菱UFJ銀行の口座からの引き落としに設定することで、口座振替の設定で本人確認を行うことができます。

モビットのWEB完結の条件をまとめると

  • 協会けんぽか組合保険証の所有者
  • 三井住友銀行か三菱UFJ銀行の口座に口座振替の返済方法を選択する人
  • ローンカードの発行が不要な人

以上3つの条件を満たした人のみ、WEB完結契約が可能になります。

契約もWEB上で完結

モビットのWEB完結は会社への電話連絡なし、郵送物なし、書類の提出なしのローンです。 そのため、契約書に記入を行う必要がなく、インターネット上で契約同意という手続きを行うことで契約手続きを完了させることができます。

カード発行なし

郵送物のないWEB完結はカードの発行がありません。 カードがないため、利便性は少なくなりますが、財布の中身を家族に見られてカードローン契約がばれてしまうというリスクは皆無です。

土日の即日融資は不可能

モビットのWEB完結は書類での在籍確認を行うため、土日祝日に会社が休みという人でも在籍確認が可能です。 しかし、カード発行がないため、融資の方法は振込のみです。ご存じの通り土日祝日は銀行が営業していないため、せっかく休日に審査に通過してもお金が手に入るのは平日まで待たなければなりません。

SMBCモビット

実質年率 限度額 審査時間 融資スピード
3.0%~18.0% 最大800万円 最短即日
Web完結 アルバイト 担保・保証人 無利息期間
○※安定した収入がある方 不要 無し

SMBCモビットのポイント

  • 最短即日審査で審査が早い
  • Web完結なら電話確認なし

まとめ

在籍確認は基本的に電話で行います。しかし、やむを得ない事情であれば、書類での確認に代えてくれます。 また、消費者金融は柔軟に対応してくれる会社が多いようです。 書類での確認は会社に電話が行かないというメリットがありますが、余計な情報を審査担当者に与えてしまうため、リスクもあることを承知しておきましょう。 書類での確認を行ってくれるモビットのWEB完結を検討してみましょう。

コメント..

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント
お名前 *
メールアドレス *

PAGE TOP