カードローンの利用目的・用途は審査上重要ではないけれど・・・

2017年11月24日 審査

cardloan-mokutei

カードローンの利用目的・用途をどう答えるかによって、審査に影響があるか気になる人もいますが、目的自由なカードローンの審査ですから、利用目的や用途など使い道はそれほど大きく審査に影響することはありません。

カードローンの審査に最も影響が大きいのは信用情報だからです。

しかし、カードローンをどんな目的で利用するのか答え方によっては、仮審査で信用情報に問題がないと判断されても、後々不利になる可能性もあるのは事実です。

この記事では、カードローン審査に通過するためにおすすめの利用目的・用途・使い道の答え方について解説します。

使い道自由なカードローンなのに利用目的・用途を確認される理由

「カードローンは使い道自由なのに、利用目的を聞かれるの?」と思う人も多いのではないでしょうか?

カードローンの審査で利用目的を聞かれるのは3つの理由があります。

利用目的によっては返済が難しくなることがあるから

たとえばギャンブル目的でカードローンを利用する人は、ギャンブルに負けた場合にお金を返せなくなる可能性が高くなります。

他にも、株を購入する目的でカードローンを利用するのも同じで、借りたお金を返済できなくなる可能性がある利用目的でないかどうか審査しています。

利用目的がルール違反ではないかどうかを確認するため

カードローンは、法人の経営者や自営業者が商売のために使う事業資金として利用する事や、他人にお金を貸すことを目的として利用することは禁止しています。

利用目的がルール違反かどうか確認するために利用目的を確認しています。

借入金額が適切かどうかチェックするため

利用目的から考えて、申込金額が適正な金額かどうかのチェックをしています。

たとえば「洋服購入」という目的で申し込んだのに、100万円の高額の申込は申込金額と利用目的がマッチしないことになります。

利用目的・用途を確認されるのはどのタイミング?

カードローンの審査で利用目的・用途を確認されるのは2つのタイミングがあります。

カードローンに申し込んだとき

カードローンに申し込むときには「生活費」「レジャー資金」「教育費」などの選択肢から利用目的を選ぶのが一般的です。

本人確認の電話が審査担当者からかかってきたとき

カードローンに申込をすると、「本人ですか?」という電話が審査担当者からかかってきます。その電話の中で「使い道は○○でよろしいですか?」と聞かれることがあります。

 

実際どうやってカードローンの利用目的・用途を答えればいいの?

好印象!審査通過率が上がる利用目的・用途

カードローンの審査では、好印象を持たれる利用目的があります。

借り入れ金額と目的がマッチしていること

「自動車購入で100万円の申込」「生活費で10万円~30万円の申込」というように、申込金額と利用目的がマッチしていると審査で好印象です。

おまとめで毎月の返済額が少なくなること

おまとめをしたい人は、おまとめで毎月の返済額が少なくなれば、審査を担当する人も「返済が楽になるなら大丈夫」と好印象を持つことがあります。

生活が向上すると思われる目的

風俗にいくのが目的であったり、高額な洋服を買うなど消費するだけの使い道より、「資格を取得するため」など、自己投資としての資金用途である方が好印象をもたれます。

審査通過率が下がる利用目的・用途

カードローンを申し込むときには、あまり言わない方がよい利用目的もあります。

審査に微妙に悪い影響を与える利用目的と、絶対に言ってはいけない利用目的がありますので、よく覚えておきましょう。

あまり言わない方がイイ利用目的・用途

ギャンブルや風俗のような世間的に人に言えない目的は、できるかぎり目的にしない方がよいでしょう。

私が以前勤務していた銀行のカードローンでは、利用目的の中に「ギャンブル資金」という選択肢がありましたが、そのような目的は選ばない方がベターです。

絶対にNGな利用目的・用途

絶対にNGな利用目的はルール違反の使い道です。

事業資金

個人向けのカードローンは商売のお金に使ってはいけません。

事業の支払いなどと買いてしまったら、その時点で審査には落ちてしまいます。

他社返済の為の借り入れ

おまとめ目的であれば良いのですが、単に他社への返済ができないために新たな借入をするという目的であれば審査には通りません。

他人に貸すための借り入れ

借りたお金を使えるのは、お金を借りた人だけです。他の人に貸すという目的もルール違反ですので、審査には落ちてしまいます。

よくある利用目的・用途の例

「使うかどうかわからないけど、とりあえずカードローンを作っておくか」という人は利用目的を何にすればよいか悩むところです。

審査でマイナスにならない利用目的にポイントは複数の利用目的を選ぶことです。

たとえば

  • 自動車購入と生活費
  • おまとめとレジャー資金
  • 教育費

このように複数の使い道であれば、申込金額と利用目的はマッチします。

また、教育費は、何年もかけて子供に使うお金ですので、金額が多くても不審に思われません。

利用目的・用途の嘘がバレたらどうなる

カードローンはお金を借りたあとに、最初に申告した用途どおりにお金を使ったかどうかはチェックしないため、嘘がばれる可能性はほとんどありません。

また、カードローン会社も「本当に利用目的に使うかどうかはわからない」と考えています。

そのため、もしも嘘がばれてしまっても大きな問題になることはほとんどありません。

しかし、事業資金や他人に貸すお金というルール違反の使い道に使ったことがばれてしまった場合は、借りているお金を一括で返済してくれと要求されることがあります。

ルール違反の使い道だけはしないようにしましょう。

利用目的が決まっているなら目的別ローンも

目的別ローンの種類とメリット

「この目的のためにお金を借りたい」と1つの使い道が決まっている人は、カードローンよりも目的別ローンを利用したほうがよいでしょう。

目的別ローンはカードローンとは違い、利用目的にしか借りたお金を使えないローンで、目的別ローンにはいくつか種類があります。

  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • ブライダルローン
  • フリーローンなど

フリーローンは何に使っても自由ですが、申込時に提出した見積書などの目的にしか使えないローンです。

また、目的別ローンの金利は10%以下で、自動車ローンは3%を切るようなこともあります。

金利がカードローンより低いのが目的別ローンのメリットです。

目的別ローンのデメリット

目的別ローンにはデメリットもあります。

複数の使い道につかえない

目的別ローンは基本的に1つの使い道にしかお金を使えません。

2つ以上の利用目的にお金を使いたい人はカードローンの方がよいでしょう。

生活費に使えない

目的別ローンは見積書が出る利用目的にしか使えません。生活費などの見積もりが出ない目的には使用することができません。

お金を借りた後も面倒

目的別ローンは、申込の時に指定した利用目的に借りたお金を使ったかどうかを確認します。

お金を借りた後も、領収書などの証拠書類を銀行に提出するので、カードローンよりも面倒です。

コメント..

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント
お名前 *
メールアドレス *

PAGE TOP